沈黙の声



沈黙があり、声が聞こえた。
「人が神より正しくありえようか。
造り主より清くありえようか。……」
(ヨブ4:16-17)

地震の後に火が起こった。
しかし、火の中にも主はおられなかった。
火の後に、静かにささやく声が聞こえた。
(列王記上19:12)

キリスト教が抱える問題を共に考えましょう。伝道の上での問題も、そして社会における責任などの問題も。
教団の立場や利益を中心にではなく、宗教本来の目的ともいえる、すべての人々の平和と幸福を中心とした視点にシフトしたいのです。
なお、2017年に再開した分からは、広くキリスト教に関する話題を、ソフトに提供するものとなっています。
その際、若干デザインが変わり、新旧の順も変更しています。ご了承ください。



聖書のテクスト
すべての人が救われるのか、そうでないのか
宣伝
羊飼い
カーネーション
信仰に基づくパイオニア
読書
上演された福音書
パン
賛美リーダー
こどもの日に寄せて
憲法と私
光合成のたとえ
時の支配
コミュニケーション
ぶどうの木
居場所
サン・ジョルディの日
詩篇に学ぶ讃美
それでも……
詩編1編をたっぷり味わう
教会にはいろいろな人が訪れます
熊本の方々へ思いを馳せて
説教「絆」
新約以前の「復活」
神は全能ではない
神が天災を起こすなら
女性の方は土俵から降りてください
ついていっていいの?
復活は受動態
The Passion
開かれた述語へ
オフ
酸いぶどう酒と十字架のイエス
批判と非難、そして黙想
3月20日
「ある」について
ご飯食べた?――(パンモゴッソ?)
ヌミノーゼ
十字架上の七つのことば
復興
同じ場に立つということ
寓喩
バビロン捕囚
説教論
Iさんのこと
〔 〕
先生と教会
子どもと教会で遊ぶ
パンを求めて
「目的」と「目標」
説教のテロスの語り方
その入試問題には解がなかったが
旧字体が読める恵み
アーメン
危機感からの伝道
受動態の主体
少しの違いのサマリア人
立春には卵が立つ
病気を含めての私
エル
子どもメッセージ
教会学校について
占星術
キリストを着る
修学旅行
政治家になるには
阪神大震災記録
阪神・淡路大震災から23年
偽善者
どう見えているかのひとつの可能性
神の言葉が生き、生かされますように
一年の始め
7と84
キリスト教と仏教
ボクシング・デー
さばきとゆるし
キャンドルの灯
The Night Before Christmas
「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」
終わりが終わりでないということ
『守教』
力士は神
見えないものについては何も考えない
電池が切れました
アドヴェント、そして「待つ」こと
データ改竄
子連れの議員
バプテスマ(洗礼)
いい夫婦の日
メッセージのすきま・はさみこみ
牧師職と教会
基本的人権は存在するか
私の課題
正典とは何か
宗教改革500年
結婚するとき
3時間半の手話通訳
礼拝説教と言葉
永遠の命
言葉が出来事となる
私vs私
魂の配慮と教会
バタフライ効果
しよんなか
人間はただの動物ではない
YMCA記念日
愛と信頼
みんなの手話・手話の賛美
教会の大きさと牧師のための祈り
信仰の語らいは楽しい
革命的な礼拝説教
世界聖餐日
博多港の引揚者の歴史
うさぎの勇気
100分de名著「全体主義の起原」
学習塾
向き合って、議論するのは如何ですか、「三度目の殺人」
よくわかる!聴覚障害者への合理的配慮とは?
自由のもつ危険な裏面
対話と平和――ろう者の出来事を考えつつ
『聖書の深読み』(兼子啓子/文芸社[文庫])
田川建三訳著・新約聖書 訳と註 第七巻 ヨハネの黙示録
四面楚歌(しめんそか)とは
とどまりなさい
祈るのです
牧師と司祭の育て方
教師タイプ・サービス業タイプ
ゾウガメに触れて
手話のお手伝いができる人がいる教会
手話通訳は説教なのです。
サタンのはたらき
墓を磨く
京都
愛とは……。
8月15日ではない(言葉と現実)
目を覚ましていなさい。
ひとを赦せ。
沖縄戦
平和について
神殿
呼びかけに応える
炎天下でスポーツをさせる理由を教えてください。
説教
聖書の適用
聖書の教えのどちらをどうとる?
「遊星より愛をこめて」スペル星人 〜差別か否か〜
からだが覚えている
信じる
半ば
藤井聡太四段と加藤一二三元九段
「神を信じなさい」は伝わっていない
沖縄「慰霊の日」
教会がうまくいかないとき
夏至 (中学受験理科)
信頼の関係
世と教会の壁に気づき、可能なかぎり取り払うために
「あなたはどこにいるのか」
たとえば原子力発電について思っていること
礼拝と食事
お・も・て・な・し
与えられた恵み
ペンテコステ礼拝
昇天日
ペッパーくん
母の日のこころ
国際ナースデー
世界赤十字デー

↑ここより、上が新しいコンテンツとなっています。


中絶の痛みに対して、教会はなぜ沈黙しているのだろう  02/4/19
離婚した女性を教会が受け入れるために  5/1
幼子の母親は教会に居場所を見いだしていますか  5/16
語り伝えよ、子どもたちに  6/1
子どもを親の所有物と考えてはならない  7/22
教育に関して教会は責任を感じているか  8/8
教会学校で真摯に語り続ける意味  9/5
伝道・とくに若い世代に対して  11/10
見えないものを大切にしていく教会でありたい   03/2/5
名前を出すとき・隠すとき  2/19
実務と信仰  3/20
色覚の問題から配慮について考える  5/6
当たり前の子育て  9/8
『ヨシュア』は現代に現れたキリストを描く  10/24
仲間の顔色をうかがうとき、排除の論理が働く  11/21
共に生きる覚悟  04/3/31
祈りの言葉も出てこない  04/6/21
南へシフトするキリスト教世界の中で   04/9/6
西日本新聞2月13日の記事より   05/2/14
異端等によるトラウマ   7/5
とくでん   10/17
続・祈りの言葉も出てこない  12/5
ダ・ヴィンチ・コードに対してどうするか  06/6/1
トラクト作成のために   7/21
教会奉仕と報酬、そして企業という模範   07/1/8
日曜日は本当に安息日か   2/18
パワー・フォー・リビングの功罪   3/2
特伝大改革案   6/26
牧師のSOS   11/21
日本的キリスト教という現象   09/01/27
ノンクリスチャン   4/3
日本ではなぜ福音宣教が実を結ばなかったか   12/10/10



たかぱんワイドのトップページにもどります

inserted by FC2 system